ロマネスコの葉っぱの裏

庭に出たときに、サンゴ礁カリフラワーのロマネスコ
の葉っぱに小さな傷のようなものを発見。

むむむ。
裏返してみました。

ジャーン!

お食事中の方、ごめんなさい。

見えますか?

黒い小さな粒はアオムシの頭。
小さな小さなアオムシがうようようようよ。
傷ついたように見えたのは小さな小さなアオムシが
かじったところだったのです。

うわーーーーーーー!
発狂しそうになりましたが、ぐっとこらえて、
そばに生えていたスミレの葉で(ちょっと幅広だったもので)
こすって潰しました。。。ゴメンネ。

びっしり産みつけられた卵も発見しましたが、
やはりこちらも・・・。ゴメンナサイ。

少し大きくなったアオムシも7匹くらい見つけました。
やはりこちらも・・・。ゴメンナサイネ。

モンシロチョウがひらひら飛んでいるのを見るのは、
「あ~、春が来たなあ~」と思えてうれしいこと
なんですが、やはり自分が食べたい野菜に卵を産みつけ
られると、生かしちゃ~おけません。
どこかほかでやってください。

とくにこのロマネスコ。
冬の間全然育たず、寒さに耐え、寒波に耐え、大雪に耐え、
ヒヨドリの襲撃に耐え、やっとやっとここまで大きく
生長したのですよ。
花蕾がつかないからまだ食べられるか半信半疑ですが、
なかなか片付かないので夏野菜が植えられなくて
困っているのも本音ですが、それでもまだ一縷の望みを
かけて育てているのだから。

しばらくは見回り強化ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です