坊ちゃんかぼちゃの種

昨日の夕飯は焼き肉。
正確にいうとサムギョプサル。豚のバラ肉を厚切りにしたものを
焼いて余計な油を落とし、サムジャンという味噌(私は手づくりで
とてもおいしくつくれるのが自慢)や焼いたキムチ、ニンニクなどを
巻いて食べるのがおいしい韓国料理。
私は白いご飯も一緒に巻いて食べるのが大好き。(ある意味、かさまし。貧乏人の食べ方

で、子供たちが食べるために、かぼちゃやピーマン、タマネギも用意。
(料理の準備してくれたのは旦那さんだけど^^;)
かぼちゃは先日、新潟のUさんが送ってくれた手のひらサイズの
「坊ちゃんかぼちゃ」。
ほくほくしてて甘くて、小さいから扱いやすい家庭菜園でも
人気の品種。私も育てるなら「坊ちゃんかぼちゃ」だと思っているけど、
種を買うとたくさん入っているし、苗はそのへんでは売っていないし、
ネットで買うとなると送料無料にしようと不必要なものを買って
しまいがちだし・・・。

あ、そうだ!!!

「かぼちゃの種はどこ?」旦那さんに聞いたら、「排水口じゃない?」
まだ、間に合う!
全部で12粒。排水口から救出して水洗い。

0829-1

そして、お茶パックに入れて~

0829-2

吊るして乾かす!
0829-3

去年はかぼちゃの種を採って湿気の多いキッチンの出窓に数カ月放置
していたら、まんまとカビが生えちゃったからな。
同じ轍は踏まないぜ!

来年は「坊ちゃんかぼちゃ」の空中栽培にチャレンジしよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です